クレジットカードを紛失した時と発見した時の対応

クレジットカードを利用している上で、一番心配なのが「紛失」です。

「誰かに悪用されたらどうしよう…」と不安になります。

実は、クレジットカードには補償制度があり、届出日から遡って60~90日の損害が補償されるため、心配は要りません。

そうはいっても、速やかにカードの発行会社に連絡をしないと補償が受けられなくなります。

その他、以下などの対応が必要になってきます。

紛失届の手続き

紛失の証明と再発行の手続きには警察への紛失届や盗難届が必要になります。

カード会社と同時に交番への手続きを行います。

決済カードの変更手続き

公共料金などの支払いをクレジットカードで決済している場合、クレジットカードが再発行された時点で、カードの変更手続きをする必要があります。

当然、元のカードは利用停止になっているため、変更手続きを漏らすと滞納という履歴が残ってしまいます。

紛失カードの発見

紛失したクレジットカードを発見したとしても、再利用はできません。

クレジットカードを紛失する時というのは、財布ごと無くすことが多いため、財布に入っている免許証などから個人情報を盗まれることが考えられます。

そして、盗んだ個人情報を利用して本人になりすまし、カード会社にクレジットカードの再利用を求めてくることが懸念されるため、カード会社では再利用は一切受け付けていません。

紛失カードを発見してくれた人への謝礼

クレジットカードを紛失した後で、拾った第三者が届けてくれることがあります。

その場合は「謝礼」のことが考えますが、遺失物拾得に対する報労金(謝礼)に関しては、遺失物法によって落とした物の価格の5%以上20%以下と規定されています。

実は、クレジットカードの場合は他人に使用する権利がないため、基本的に現金とは違って価値がありません。

従って、法律上は報労金を渡す必要はなく、お礼の言葉だけで十分です。

他人のクレジットカードを拾った場合の処理

カードを紛失することがあれば、逆に他人のカードを拾うこともあり得ます。

実は、カードの裏面を見ると、『このカードを拾った方はカード会社に連絡してください。

薄謝を進呈します』と記載されていることがあります。

実際に、カード会社に届けると「薄謝」として、現金を貰える場合もあれば、ギフトカードを貰えることもあります。

金額については会社によって異なりますが、1万円を貰えることがあります。

カード会社にとっては紛失カードで不正利用される被害金額に比べれば、1万円の金額で済んだ方が安上がりということがあり、また信用上のトラブルに発展するリスクを避ける意味もあります。

従って、クレジットカードを拾った場合は警察や契約者に届けるよりも、カード会社に届けた方がお得です。

適切な保管

クレジットカード自体には何の価値もありませんが、暗証番号が漏れると現金と同じ価値が生まれます。

補償の可否のこともあるため、クレジットカードは適切に保管することが大切です。

Proudly powered by WordPress