クレジットカードがいらない人はデビットカードを有効活用している

クレジットカードの発行枚数は、先進国全体と比較すると日本ではまだ少ない状況が続いています。

なぜなら、地震大国である日本では電気が途絶えた時に使えないクレジットカードよりも、災害時に強い現金主義の人が堅実な人ほどまだ多いからです。

クレジットカードがいらないと考えている人であっても、デビットカードを活用している事例は増えているので、電子決済サービスに乗り遅れているわけではありません。

クレジットカードはカード会社が儲かるサービス

クレジットカードがいらないと考えている人の多くは、クレジットカードを持っていても一括払いしか使わないからという理由が多いです。

確かに分割払いを使わないならば、クレジットカードに拘る必要性はなくデビットカードでも十分に同じ役割を果たせます。

クレジットカードを利用した時に最も恩恵を受けられるのはカード会社であって、カード決済手数料を加盟店から徴収出来る点がメリットです。

銀行口座と直結したデビットカードなら即時引き落としサービスにより使いすぎの心配が無い

日本国内ではほとんど利用されることが無くなったJ-デビットとは異なり、クレジットカード決済システムを利用したデビットカードが普及するようになりました。

銀行口座と直結しているために、デビットカードを使った瞬間に口座から引き落としされる仕組みなら、使いすぎる心配がありません。

事実上の借金を行って一括払いで返済するクレジットカードがいらないと考えることは、デビットカードシステムの利便性を考えればごく自然なことです。

クレジットカードの決済システムだけ利用出来れば十分

クレジットカードをいらないと言えてしまう理由として、デビットカードに国際決済ブランドのVISAやMASTERマークがついていれば、クレジットカードの決済システムを利用出来るからです。

即座払いのクレジットカードと同じ使い方が出来るので、プリペイドカードのような感覚となります。

クレジットカードを使った場合には、翌請求日まで借金をしている状態になるので、使いすぎた時のリスクが大きいです。

クレジットカードの決済システムだけ使えれば、電子マネー代わりに使えるのでクレジットカードはいらないと考えられます。

まとめ

クレジットカード決済システムは、既にクレジットカードだけでなく国際決済ブランド付きのデビットカードでも使用可能となっています。

このため、一時的な借金に相当するクレジットカードはいらないと考えている人は、デビットカードで代用可能となっています。

Proudly powered by WordPress